• TanQ

◯◯◯◯ あるく。本の良いところってなんだろう??



"スパスパ " 歩くこどもたち

■ 内容

大隅良典さんの受賞で話題にあがったノーベル賞。その受賞者がダントツに多い国があります。それは一体どこでしょう?


アメリカ。日本が23人なのに対してアメリカは300人以上。桁違いです。それでは、一体どうしてアメリカには天才が集まるのでしょうか?もしかして図書館?

アンドリュー・カーネギーなどの慈善活動家は、知識を後世に伝えようと図書館をアメリカ中に作りました。ではアンドリュー・カーネギーはなぜ図書館を作ろうとしたのでしょうか?

それは自分が貧しい時に同じように本を贈り物されたから。そしてその起源を辿っていくと、「ジョン・ハーバード」に行き着きます。その自分は、ハーバード大学を作った人物、ではなく、近所の小学校に1600年代に当時貴重だった本を400冊寄贈した人物です。そのように後世へ後世へ大切なものが継がれてきたのですね。


では、もっともっと遡り、元祖読書家と呼ばれる人物を調べてみましょう。すると、また登場するのが万学の祖、アリストテレス。そのアリストテレスの読書術は、なんと「音読」実は当時は今のような黙読ではなく、音読が一般的だったのです。というわけで、tanQ秋の朗読会を開催。

宮沢賢治【注文の多い料理店】を読んでみました。すると、だんたぁーん!やそろーり。など、不思議な言葉がたくさん出てきていることに気づきます。

そう、それは「オノマトペ」そこで、宮沢賢治の不思議なオノマトペをたくさん紹介。そのユニークさをみんなで感じた後は、自分でオノマトペを作ってみましょう!ということで自らが作家になり、「あるく」のオノマトペを作ってもらいました!それだけでなく、今度はお父さんにそのオノマトペを実演してもらいます。


全身でことばを表現し、実演してみました。

絵本や、漫画、動画など、直感的にわかりやすいメディアはたくさんあります。それはそれでいいところをたくさん持っています。ただ、活字にもいいところはあります。それは文字という限定された表現だからこそ、読み手の想像力を働かせてくれるところです。作者の溢れる想像力と、読み手の想像力の対話。それが活字の読書の奥深さなのではないでしょうか。

最後に保護者の方々が、こどもたちお薦めの本を紹介してくださいました。


今話題の えんとつ街のプペル http://amzn.to/2fRuW1T

普通は数人のチームで作成する絵本ですが、クラウドファンディングを通してみんなで作った本、として紹介して頂きました。

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング http://amzn.to/2g9YJrI

プログラミング教育だけではなく、コミュニケーションの重要性にも利用できるということでご紹介頂きました。

かしこい細胞 粘菌 http://amzn.to/2fUg308

「単細胞」とは悪口に使われますが、粘菌はめちゃくちゃ賢い!いま大注目の粘菌についてわかりやすく解説して頂きました。

オッペルと象 http://amzn.to/2fsMZhT

挿絵作家小林敏也さんの本をご紹介頂きました。温かみのある版画の挿絵は、これ以上はないほど宮沢賢治の本にマッチしています。

一魚一会 http://amzn.to/2ga31PE

タレント、さかなくんの半生を描いた自伝的エッセイ。こどもにも手に取れるよう、ルビを振ってあります。好きなことに没頭する過程が描かれています。

大切な本は、大切に後世に語り継ぎいでいきたいものですね。


よくあるご質問・問い合わせ

通信教育タンキュークエストや各種サービスについてのご不明な点は、よくあるご質問ページをご確認ください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.