• TanQ

そういえば電気ってどうやって作られてるんだっけ?


テレビのリモコンにipad。子どもたちも、日々意識せずとも使いこなしている文明の利器。

それらは電気を使って動いていますよね。

しかしここで大問題が。

そういえば、電気ってどうやって作ってるんだっけ?

日常のふとした瞬間に想像力を働かすことが探究の始まり。

今週から2週に渡って、「電気」の探究!!

まずは電化製品ハンティング!

身の回りにある電化製品を探そう!!


教室にある電気グッズを たくさん見つけ、電気がなければ生活もできないかもしれないと実感してくれた子どもたち。

そこで、「電気の作り方」を3つ紹介することにしました。

一つ目、「こする!」

実は、古代ギリシャの時代からこの方法はよく知られていました。


(またギリシャか!とツッコミを浴びることが多くなって参りました。。。)

ある石を擦ると、ほこりがひっつくようになるのです。

琥珀はギリシャ語で「エレクトロン」

そう、今では「electricity」"電気" の始まりでした。

というわけで、電気を貯めてみよう!

3つのアイテムを使って、静電気の帯電に挑戦。

使うアイテムは、

「ビニール袋」「椅子」「毛皮」

さぁ、いざ発電だぁ〜!


しかし、どのチームもなかなかうまくいきません。

実は、秘密は「椅子」にありました。

いったいどういうことでしょう??

冬にバチっと静電気を感じた経験はありますよね。

それを理解するためには、原子の世界まで目を細めてみなければいけません。

物質は原子から成り立っています。

さらに細かく分解すると、原子は電子、陽子、中性子で構成されています。

擦ると電子が移動し、普段釣り合っている電子と陽子の数が合わなくなってしまいます。

だから、数を合わせようと、電子が移動します。

それが静電気です。

そして、この電子の移動こそが電流の正体だったのです。


帯電するためには、床から電子が逃げ出さないよう、脚にゴムが付いている椅子の上に立つ必要がありました。


続いて2つめの方法は、「はさむ」

ガルバーニという医者が、カエルを解剖している際に、

死体が動くのを発見します。

その原因を特定したボルタは、

2種類の金属と、食塩水を使って電気を発生させることに成功させます。

これを「ボルタ電堆」といい、電池が誕生した瞬間でした。

レモンやじゃがいも、りんごなどを食塩水に変えて使ってみても発電は可能です。


人類が手にした3つ目の方法は、、

というところで今週のtanQはここまで。

実は、電気は私達に利便性をもたらすだけではなく、

あるものとのつながりをとても強く感じさせてくれるのです。

それは、「地球」

電気が地球と繋がっているってどういうことなのでしょうか。

次週、その真相に迫ります!

■ 今回のミッション

おうちで最強の静電気を作ってこよう!!

(協力な静電気を作り出す素材って何?その条件は??)

■学習ポイント:

小学校3年生理科 「磁石の性質」

小学校4年生理科 「電気の通り道」

おすすめ教材:(アニメ) 低・中学年 タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~

電磁気の歴史をアニメで表現しています。物理学のスーパースターたちの元へ旅をしながら問題を解決していきます。

おすすめ教材:(実験) 低・中・高学年 石は磁石にひっつくか?

日本ガイシの「家庭でできる科学実験シリーズ」です。男の子は石拾いに熱中するもの。その石を使って、磁力の実験をしてみましょう!

おすすめ教材:(動画) 高学年 NHK for school 静電気の仕組み

NHK for school の動画教材です。わかりやすく、10分でまとめられています。


お問い合わせ

tanQ株式会社へのお問い合わせ・ご相談は専用お問い合わせフォームよりお送りください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.