• TanQ

いま着ている服はどうやって作られたの?


人間はなぜ服を着るのでしょう?

恥ずかしいから?

しかし、もしそうであれば、今も裸で暮らす人々の説明がつきません。

さて、いったいなぜ人間は服を着ているのでしょうか。

多かった声が、

① おしゃれのため。

② 寒さを凌ぐため。

諸説があるものの、今回はその2つに絞って追いかけてみました。

その疑問の前に、最新のファッションを追いかけてみました。

ズボンにスカート、セーターにコートなど、

自由に組み合わせてファッションを楽しんでいます。

しかし、ギリシャ時代は、パンツかスカート、

男性も女性もどちらかに決まっていました。

いったいどちらだと思いますか?


正解は、スカート

正確には、チュニックという布を巻きつけたもの。

しかし、ズボンがある動物によってもたらされます。

それは、「馬」です。

馬に乗る際、スカートではももが擦れてしまうのです。

その後、男性はズボン、女性はスカートという図式が一般化します。

さらには女性は、コルセットでウエストを締め付けたり、

スカートを器具によってふくらませることが一般化しました。

そしてフランスの英雄、ジャンヌ・ダルクは、

女性なのにズボンを履いたことがきっかけになり、殺されてしまいました。

それでは、現在私達は、一体なぜ自由にファッションを楽しめているのでしょうか。

その鍵は、ココ・シャネルを始めとした、ファッションデザイナーたちの活躍にありました。

社会に出て働きやすいように、女性に動きやすさを提供したココ・シャネルや、

その逆にもう一度お姫様スタイルを復活させたクリスチャン・ディオール。

一人ひとりの「哲学」や「価値観」が今のファッションの多様性をつくりあげたのです。


そして次は「寒さを防ぐ」というテーマ。

大きく分けると素材は3種類。

動物から作られたもの。

植物から作られたもの。

石油から作られたもの。

自分たちが普段着ている服は、何からできているのでしょうか。

また、その素材はどのような特徴があるのでしょうか。

ということで、自分たちの服の素材を調べてもらった上で、

素材当てゲームをしてもらいました。



ヒントとして渡した顕微鏡で、自分が着てきたヒートテックと他の生地を比べて、

「全然違う!」と技術の進歩に驚いていました。


暑い時も寒い時も、自由に組み合わせて服を着られるのは、

デザイナーの「哲学」と、進歩させてきた「技術」のおかげなのかもしれません。

■ ミッション

① おうちにある服の素材をハンティングしてこよう!

② お気に入りの服の写真をとってこよう!

③ 戦国武将のファッションを調べてみよう!

■ おすすめ教材

おすすめ教材:(道具) ハンディ顕微鏡 http://amzn.to/2hSf8kA

授業で使用した顕微鏡です。ミクロの世界まで見えることで、世界が変わります。

おすすめ教材: (動画) The Making Tシャツができるまで

http://sciencechannel.jst.go.jp/B980601/detail/B990601038.html

身近なTシャツ作りに、いかに多様な人たちが関わっているか感じることができます。

おすすめ教材:(道具) 低学年 らくがキット http://www.craftworkskyoto.com/rakugakit

ご家庭で使える、Tシャツ用らくがき絵の具。


よくあるご質問・問い合わせ

通信教育タンキュークエストや各種サービスについてのご不明な点は、よくあるご質問ページをご確認ください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.