• TanQ

「科学とは、新しい◯を見つけ出すことである」


■ 内容

前回、美しい美しいクリスタルの秘密に迫りました。

規則正しく分子が並んでいるのがクリスタル。

でも、一体どうして規則正しく並ぶのでしょうか?

まずは作ってみよう!

ということで、ミョウバンをお湯を用意。

少しずつ溶かしてもう溶けなくなったところに、

外の冷気で冷やします。

すると、粉が結晶になっていました。

顕微鏡で見てみると、、、


本当だ!規則正しいカタチになっている!

一体どうしてなんだろう?

その秘密は、、、

細かく”溶ける”様子を見てみます。

すると、粉が水に囲まれて、見えなくなっていくことがわかりました。

もし、この状態のまま、水がいなくなってしまったらどうでしょう?

小さい粒はそのまま出てきそうですね。

しかし、ゆっくり蒸発させると、

このようにクリスタルはひっつきます。

一体なぜ?

それは、前々回電磁気で学んだ、電子ちゃんの力。

電子ちゃんが「ひっつく力」を生み出しているのです。

なるほど~!

他にも身の回りのクリスタルについて調べてみよう!

ということで、「雪の結晶」についてtanQしてみました!

美しい雪の結晶は、ひとつも同じカタチがないのだそう。

一体どうしてこんなカタチになるのだろう。

その秘密を見つけたのが、日本人の科学者、中谷宇吉郎。

彼は、マイナス50度にもなる冷凍庫に入り、

雪の結晶を調査したのでした。

そして、結晶のカタチと湿度と温度の関係をまとめた、

【中谷ダイヤグラム】を完成させます。

しかし、一体どうしてそこにそんなに情熱を傾けたのでしょうか。

それは、師匠、寺田寅彦からこんな言葉を受け継いだからでした。

「ねぇ、不思議だと思いませんか?」

線香花火を見ながら、ただその美しさに感動する。

その心から科学が生まれることを教えてもらったのです。

宇吉郎はベントレーという農夫が撮影した、

雪の結晶の写真の美しさにのまれました。



そしてその言葉はまた、寺田寅彦その師匠、夏目漱石から教えてもらった言葉でした。

「科学とは新しい美を見つけ出すことである。」


科学に1番大切なこと、それは自然を目の前にして、

「わぁ!凄い!」と驚く心なのかもしれません。

授業終わりに、クリスタルを持ってきてくれて、見せてくれました。

なんて綺麗なんでしょう。



皆さんも、お子さんと一緒に、新しい美を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。

■ ミッション

・大きいクリスタル(ビックリスタル)作りに挑戦しよう!

http://www2e.biglobe.ne.jp/shinzo/jikken/kessyo/kessyo.html

・雪の結晶を作ってみよう!

http://sciencewindow.jst.go.jp/html/sw11/sr-denju

■ おすすめ教材

大科学実験 塩の結晶でウェディングドレスを作ろう!

http://www.daikagaku.jp/content/vol020/

なんでだよ!と突っ込みたくなるような実験。でも完成したドレスは、息を呑むような美しさでした。

NHK「すくどう」の雪特集〜!!

http://www.nhk.or.jp/school/sukudo/special/32/

ランキング形式で雪の動画を紹介。なんと一位は雪舟って!!笑


お問い合わせ

tanQ株式会社へのお問い合わせ・ご相談は専用お問い合わせフォームよりお送りください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.