• TanQ

”やりぬく力” はこんな時に伸びる!!


■ "やり抜く力" が高ければ高いほど、健康や幸福感も高くなる

少し前にこんな本が流行りましたね!


この本によれば、"やり抜く力" が高ければ高いほど、健康や幸福感も比例して高くなる(P. 359)そうです。

それは直感的に理解できますが、問題なのは、「どのようにして "やり抜く力" を高めるか?」ということですよね。

そのヒントとして、"成功者は「カイゼン」し続ける" と記載がありました。 ※ 「カイゼン」= 継続的に改良すること

では、そのカイゼンはどうやって生じるのでしょうか。

探究型通信教育 "tanQfamily"で、こんなカイゼンストーリーがありました。

電磁気について学んだ後、磁石の力と電気の力を結びつけたファラデーの発見に関するこんな遊びを紹介しました。


すると、小学2年生の男の子がチャレンジをしてくれました。

銅線とネオジム磁石と、単4電池を使って「世界一簡単な電車」を作ります。

※詳しくはこちら

(公益財団法人 日本科学協会)


実験はうまくいかず。

うまくいかなかったらそれで終わり?

いえいえ、彼はそう、「カイゼン」を加えます。


「磁石が大きすぎたんじゃないか?」

「もっと小さな円のバネにしないといけないんじゃないか?」

「バネを抑えて銅線同士が近づかないといけないんじゃないか?」

様々な仮説を考え、実験に取り掛かります。


こんどは小さすぎて入らず。。。残念!

しかしまだまだ諦めません!

更なる「カイゼン!」


まだ走らない。。。

もうだめか、、、そう思ったその時!

今度は銅線が熱くなってきた!

原因を考え、「カイゼン」を加え、少しずつ前進していく姿。

スタッフの目頭も少し熱くなってきました。。。

■ なぜカイゼンし始めるのか?

うちの子はすぐにあきらめてしまう。。。そんな風に感じていらっしいる保護者の方も多いかもしれません。この本ではその点について重要なことを言っています。

興味と、情熱と、没頭しカイゼンし続ける姿勢は、ひとつなぎのものである。というのです(P.136)

噛み砕いて言えば、「やりたい!」と心から思ったことは勝手に思考し、やってみて、カイゼンします。そう、カイゼンをし始めるかどうかは、取り組むもののテーマとセットなのです。

■ 情熱は一発では入ってこない

しかし、関心があることさえも、自分でさえはっきりと気づかない場合も多いそうです。NASAのある宇宙飛行士は、ロケットの打ち上げを、「何年もの時間をかけて何度も見た」おかけで夢中になりました。

ぼんやりとしていた興味の方向が、少しずつ、少しずつくっきりしてくる。そんなところから無限のカイゼンを生む「やりたい!」が生まれてくるのではないでしょうか。

そして、そんな活動には、周囲のサポートが重要だと解説しています。誰がロケットの打ち上げに連れて行ってくれたのか?

それは、保護者でした。

今回の小学2年生の男の子の保護者の方も、根気強く子どもの興味の行く先を見守っていらっしゃいます。興味を持ったものをやってみて、より興味を持ちそうならより深めるためのサポートをされています。そのサポートが、少しずつ子どもの「やりたい!」とカイゼンを産みました。

家庭だからこそ、とことん子どもに寄り添える。そして、寄り添いは子ども達の個性に応じた「やりたい!」を産み出し、カイゼン活動を通じて、やりきる力を育みます。

家庭にしか担えない教育的な価値がある。そう信じて、これからもご家庭での探究学習をサポートしていきます!


探究型通信教育 "tanQfamily"

新規スタートメンバー募集中!!

tanQfamily(タンキューファミリー)はご家庭での探究学習をサポートする通信教育サービスです。 新しい"わくわく"が欲しいから学ぶ。自分のチャレンジを誰かに伝えたいから最後まで頑張る。tanQfamilyでは、そんな本来の学びのカタチをご家庭にお届けいたします。詳細はこちらから


お問い合わせ

tanQ株式会社へのお問い合わせ・ご相談は専用お問い合わせフォームよりお送りください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.