• TanQ

好奇心は持っているもの?手に入れるもの?



こんにちは!tanQLABOの滝沢(チャーリー)です。

昨年生まれた子供も、もうすぐ1歳。

新しいことを「知りたい」と思い、常に学び続けるような大人になって欲しいと願うばかりです。

ところで、好奇心を育むためにコツって何なのでしょうか?

親としては、そんなコツがあるものなら、是が非でも手に入れたい!!

そんな気持ちで、好奇心の正体を追いかけてみました♪

■ 好奇心は持っているもの?手に入れるもの?

“ヒトはもともと好奇心を持っている。”

多くの書籍にはこんなようなことが書いてあります。

確かに、自分自身の子ども時代などを振り返っても、「虫」に興味を持ち、ひたすら昆虫採集に励んだ時期がありました。 もちろん、誰に言われるわけでもなく。

ということは、とにかく子どもが何かに興味を持つまで待ち、自由にありのままに過ごしてもらうことが、好奇心を育むために最も重要なことなのだと結論付けることも可能かもしれません。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

何かヒントはないだろうか。 そんなモヤモヤしている時にある考え方と出会いました。

■ 知識が知識を引きつける ー マタイ効果 ー

「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」

(マタイ福音書第13章12節)

マタイ効果とは、科学の歴史を構造化して捉えていたロバート・K・マートンが、研究の分野についてこのような法則が当てはまると言ったもの。

例えば、条件に恵まれた研究者は優れた業績を挙げることで、さらに条件に恵まれるなど。

実はこの効果が知識の獲得においても当てはまるというのです。

そしてその鍵は「長期記憶」です。

人間の記憶は大きく分けると2種類あります。

「短期記憶」と「長期記憶」です。

短期記憶はメモ帳のようなもので、留めておける情報量はわずか。

一方、長期記憶はもっと膨大な量の情報を蓄えておくことができる、いわば倉庫のようなもの。

さらに、この長期記憶は知識の倉庫になっているだけでなく、

実は新たな知識を獲得する際にも活躍しているというのです。


■実験!長期記憶と新たな知識獲得の関係!

長期記憶が新たな知識を獲得する際にも役立っているとは一体どういうことなのでしょう?

ということで、わかりやすい実験をしてみましょう!

まず、この20文字を10秒で覚えてみましょう!

こあんぎえかんぶそぶしいづすづくんづうじ

・・・・む、難しい!!

ではこれならどうでしょう?

うさぎおいしかのやまこぶなつりしかのかわ

どうです?

後者の方が覚えられたのではないでしょうか。

それは、長期記憶に保存されている「ふるさと(童謡)」の歌の知識との"繋がり"を呼び起こしたから。

つまり、長期記憶として蓄えられている知識が多ければ多いほど、新しいこととの繋がりを想起する可能性が高くなり、ものごとを記憶しやすくなるというのです。

例えば、タクシーの運転手や運転時間の長い人が新しい道をすぐ覚えてしまうのもこれにあたるでしょう。

なるほど!ということは、もしかして、、、

■ 知識が好奇心を高める!

教室に通っている生徒で、歴史が好きな子がいます。 その子は、毎週新しく覚えた知識を披露してくれます。


その量は、とても1週間で覚えられるとは思いません。

きっとマタイ効果により、どんどんどんどん歴史に関する記憶を結びつける力が強くなっているのでしょう。

さて、このマタイ効果と好奇心は、どのように関係するのでしょうか。

先日、この生徒のお母さんに、都内で開催していた日本刀の展覧会を薦めてみました。

子どもに話すと、「行きたい!」と。

大人でも難しい展覧会を興味深く最初から最後まで見物したそうです。

滝川一益や、直江兼続という、自分が知っている武将の刀があるということで、興味を持ったのだそう。

もし、それらの武将を知らなかったら、この展覧会に行きたいとは思わなかったかのではないでしょうか。

とすれば、好奇心によって新たな知識を得ようとするのはもちろんのこと、

知識もまた、好奇心を生み出しているということになります。


■ 改めて、好奇心は持っているもの?手に入れるもの?

子どもは初めて出会うものごとに対して、自然に興味をもち、「知りたい!」と思う力を持っていることは間違いありません。

しかし、「知りたい!」という気持ちは、案外、

「知っていること(知識)」からの方が、うまれやすいのかもしれません。

だとすれば、今まで興味関心を示さなかった分野(テーマ)について、

偶然でも意図的でも、新しく何かを知ることができれば、

その分野についての好奇心を手に入れられるのかもしれませんね。

皆さんはどう思いますか?


探究型通信教育 "tanQfamily"

新規スタートメンバー募集中!!

tanQfamily(タンキューファミリー)はご家庭での探究学習をサポートする通信教育サービスです。 新しい"わくわく"が欲しいから学ぶ。自分のチャレンジを誰かに伝えたいから最後まで頑張る。tanQfamilyでは、そんな本来の学びのカタチをご家庭にお届けいたします。詳細はこちらから


よくあるご質問・問い合わせ

通信教育タンキュークエストや各種サービスについてのご不明な点は、よくあるご質問ページをご確認ください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.