• TanQ

勉強って学校だけじゃない! 子どもの探究心の種まき、実はおうちでできちゃうんデス


みなさん、毎日、探究してますか? 

え?してない? あらら、そんな難しいことじゃないんですよ!

普段の生活に探究心の種はゴロゴロ、ゴロゴロ…

「そうなんだ!」「へ~すごい!」「面白い!」の積み重ねが、探究パワーを育てるのです☆

今回はそんな探究心の種まきを、おうちで実践中のママさんにインタビュー。お子様は小学3年生のAちゃんと、1年生のHくん。なんて素晴らしい!と意気込んでインタビューをお願いしたのですが、実はお悩みもあったみたいで…


ご自宅でお母様がお子様と一緒にいろいろ探究されているとお聞きしました。そもそも、そのようなスタイルになったきっかけは何ですか?

母:実は昨年8月までタイのバンコクに住んでいました。長女は新しい環境になじむのが苦手で、とても心配性な性格なのですが、のんびりして自由な向こうの環境は居心地がよかったのか、楽しく過ごしていたんです。

ところが帰国して日本の小学校に通い始めてしばらくしてから、急に腹痛を訴えて学校に行けなくなってしまって。元気に通っているように見えたのですが、本人は新しい環境に適応しようと頑張りすぎていたようです。

それで、しばらく学校を欠席したのですが、本人は学校に行かないと不安になるようでしたので、私が付き添ったり、不安材料を取り除いたりしながら半年ほどかけて、学校での滞在時間を増やしていきました。今では一緒に登校して、保健室の前でハグして別れると、あとは1人でも大丈夫になってきましたね。

お子様にとって、とても大きな環境の変化ですし、すんなりとはなじめなかったんですね…お母様もさぞかしご心配だったことと思います。

母:学校現場では一人の先生に対して生徒が30人くらいいるので、やはり時間がなさすぎて、子ども一人ひとりの能力や興味、感性をのばすにはコミュニケーションが十分にとれていないように見えました。先生方は本当に頑張って努力なさっているのですが…

私は、我が子には自分で考え判断して行動できる大人になって欲しいと願っているのですが、今の学校教育だけでは、はたして我が子は自分の興味を広げ、考えに自信を持って発信できる力は育つのかな?と疑問に思ったんです。

そこで、ご自宅でお母様がいろいろと探究心の種を蒔いてきたと。

母:もともと、子どもたちと一緒に何かをするのが楽しくて(^_^)♪ 子ども時代は子どもらしく、いろいろなことに興味を持って遊んで欲しいって思っていたので。でも、どうしても新しい環境が苦手な娘は「(習い事に)行く?」と聞いても「いい、行かない」となってしまうので、だったらもう自分で自宅でやっちゃえばいいじゃん!!と(笑)

習い事に限らず、新しい環境に入るときってドキドキしますし、心配ですよね。「うちの子、何を勧めても、あまり興味を持ってくれないんです」って悩んでいらっしゃる保護者の方も多いんですが、もしかしたら、そのテーマ自体ではなくて、人見知り、場所見知りもあるのかもしれません。

その点、お母さんとなら安心してできるし、「やってみたら、意外と楽しかった!」ってなりますよね。例えば、ご自宅でどのようなことをやってみたんですか?


母:そうですね…造形教室風に紙を広げて手足に絵の具をつけてベタベタしたり、子どもと一緒にクッキング教室をしてみたり。クッキングのときには材料の名前を英語で言ったり、「これの産地はどこかな?」って調べたりするんです。日常の何気ない会話や、生活のいろいろなことを知識に結びつけていくように意識はして、一緒に楽しんでいました。

発想の転換ですね~!! 

母:そうなんです! ただ私の知識にも限界があるので…(笑)そんなとき、偶然タンキュークエストのことを知って、面白そうだな~と。娘にとって安全基地である家庭で受講できて、かつ親も知らないようなことまで興味の幅を広げてくれそうなところがうちの子にぴったりだと思いました。

それと、家だけだとどうしても他の人とつながる機会が少なくなってしまうので、「親や学校以外の場所で、信頼できる人間関係を作って欲しい」「子どもたちの味方になってくれる大人と出会いたい」と考えていたので、タンキュークエストは個別にサポートしてくれるというところも魅力的でしたね。

実際にタンキュークエストを受講してみてどうですか?

母:土曜に動画が配信されると、姉弟で並んで、食い入るように見ています! 数字の探究の“数の単位の歌”は耳に残るので、毎日、家族で歌っています。浮力の探究では、床をビショビショにしながら、いかに沈まない船を作るかに熱中して作り続けていましたよ。

動画の後は、すぐにクイズに解答する時もあれば、時間がたってから解答するときもありますが、オンライン授業のtanQパーティにはできるだけ参加するようにしています。低学年ルームに参加しているのですが、モリソンとタケオくんの掛け合いがテンポよく、おもしろくて授業にぐいぐい引き込まれます!! 私も子どもたちと共通の話題を作りたくて、実はこっそり一緒に参加しています(笑)


いや~そういっていただけると、嬉しいです(*^_^*) 

むしろ保護者の方に率先して楽しんでもらいたいくらいです! 

親が楽しんでやっていると、あまり興味のないテーマの時でも「ん?なんか面白そう!」と子どもも思ってくれると思うんですよね。

母:それから個別に送ってくださるメッセージ動画も、子どもたちには特別感があって嬉しいらしく喜んで見ています。通信教育なのに、生徒の名前を呼んで、その子のためだけに撮影したお返事メッセージの動画を送ってくださるなんて、他にはないですよね! 子どもたちとって、認められている実感があると思います。

「学校教育では学習指導要領に則った学び」

「家庭学習では私の知識の範囲内での学び」

になってしまい、子どもの興味を伸ばすという点で限界を感じていたのですが、タンキュークエストでは

「いろいろな分野を様々な攻め方でおもしろ楽しく講義」

をしてくださるので、親子で楽しんで探究できるようになってきたように思います。

お子様の個性に合わせて無理をさせることなく、でも積極的にお母様がお子様の探究心を育んでいらっしゃることが伝わるお話に、大きな愛情を感じました!!

最近、お小遣いの使い方について試行錯誤中とのことなので、お金の探究があったらいいな~とのリクエストも。いいですね! それ、ぜひ採用したいです\(^o^)/

本日はありがとうございました!


無料体験できちゃいます!!

探究型通信教育 tanQuest(タンキュークエト)

tanQuest(タンキュークエスト)は、ご家庭での探究学習をサポートする通信教育サービスです。恐竜、宇宙、深海に芸術、味覚…などなど、新しい"わくわく"が欲しいから学ぶ。tanQuestでは、そんな本来の学びのカタチをご家庭にお届けいたします!

詳細はこちらから


お問い合わせ

tanQ株式会社へのお問い合わせ・ご相談は専用お問い合わせフォームよりお送りください。

Mail : info@tanq.co.jp
Tel : 03-6873-9488

東京都渋谷区千駄ヶ谷4−10−1

マリア千駄ヶ谷ビルB1

  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習
  • 探究・知育型通信教育タンキュークエスト|子どもが家庭で出来る探究学習

Copyright(c) tanQ Inc. All rights reserved.