オンラインクラス(タンキューパーティー)の進み方

タンキューパーティーとは、RPL(ロールプレイラーニング)を用い、ありのままの姿で、チームで互いを活かしながら探究を深めるオンラインクラスです。

①役割を決める

回の最初に、チーム(友達同士or親子)それぞれの役割(ジョブ)を決めます。被りがなく、ひとりが複数の役割を持たないようにすることで、何をすればいいかがわかりやすく、対話が促進されます。また、互いがいるからこそ成り立つ場とな李ます。この協力しあって互いを生かし合う関係性をパーティーと呼びます。

②チームでミッションに挑む

役割を決めたらいざ、冒険にでます。毎回のクラスは、教材を進めていきます。ゲームで目標に挑戦するものや、ディスカッションを通して対話するものもあります。なかなか思うようにいかず葛藤する場面なども生じますが、その状況も楽しんでいただけたらと思います。

③互いの活躍を振り返る

時間の最後に、それぞれの役割に対して、感じたことを互いに振り返ります。互いがいたからこそ生じる場と、その関係性の中で生まれる私の存在を認め合う時間となります。ここで、自分のそのままを受け取ってもらうことが、親子・子ども同士どちらでも重要な体験となります。

ミッションの例

「平等に分けるってどうするの?」

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■

冒険の書:歴史編

親子でチーム

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■

子ども同士でチーム

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■

親子と子ども同士の違いは?

親子は、自己肯定感を得るためには、関係性が重要となりますので、お母さん自身がRPLを通し、子どものそのままの良さを認めていきます。


そのため、以下のような人におすすめです。
・親子の関係をよくしたい
・兄弟姉妹での利用で十分
・自分自身で子どもの良さに気づきたい


親子での参加が難しい方は、子ども同士をおすすめいたします。


子ども同士は、こんな人におすすめ
・子どもが親と対話したがらない
・第三者からみた子どもの良さを伝えてほしい
・社会性を身につけてほしい 
・子どもの自己肯定感を高めたい 
・届くゲームをより多くの仲間と楽しみたい

スタッフについて

●●●●

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■

●●●●

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■

●●●●

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■

日程について